ページトップへ

寒すぎず、暑すぎない暮らし

冷えすぎ・暖め過ぎが苦手な方に

「夏はギンギンに冷やした部屋で、冬はガンガンに暖めた部屋で過ごしたい」。血の気の多い?若者はともかく、そう思っておられる大人の方は少ないと思います。むしろ、冷房の風が直接肌に当たるのが苦手とか、ムッとするほど暖められた空気は気分が悪くて、とおっしゃる方のほうが多いのではないでしょうか?

  • 「夏はサラッとして暑すぎなければ良い」
  • 「冬は素足で歩いてもヒヤッとしない程度に、ほのあたたかければ良い」
冷えすぎ・暖め過ぎが苦手な方に

そんな皆様にぴったりなのが、美和工務店のつくる「涼温換気SA-SHEの家」です。

涼温な家

 

 

健康に大きく関係する温度差

まず「涼温換気SA-SHEの家」は、家全体を外側から断熱材で覆うため、外の温度や湿度の変化の影響を受けにくくなっています。さらに、センターダクト換気+1台のダクト用エアコンという独自の方法を用いて、家中の温度を快適に保ちます。梅雨時や夏場の湿気が室内に持ち込まれることはなく、冬場にトイレや浴室に行っても、ブルッとする冷たさありません。この“温度差の小ささ”は、人が健康に暮らす上で非常に大きな要素です。

温度差が体調に及ぼす影響は少なくありません。夏に多い寝冷えや夏風邪、冷房病。冬に増える脳卒中、高血圧、心臓麻痺などは、家の中の温度差に体がついていけずに起こることが多いのです。温度と湿度をできるだけ一定に保つことによって、夏も冬もぐっすりと眠れ、健やかな毎日につながります。

> センターダクト換気について詳しく知りたい

健康に大きく関係する温度差

 

 

部屋にエアコンがない家

「涼温換気SA-SHEの家」では、部屋ごとにエアコンを設置する必要がありません。エアコンは小屋裏の換気装置とともに1台設置するだけ(50坪あたり)。小屋裏で快適な温度に設定された空気は、センターダクトを通して各部屋に供給されます。エアコンから直接肌に当たる風もなく、送風音とも無縁。体感ハウスを初めて訪れた方は、「どこにもエアコンがないのに、どうして涼しいの(温かいの?)」と驚かれます。

また無垢材の部屋や、本格和室、古民家風の空間など、エアコンがでんと据え付けられているとちょっと興醒めになってしまうような場合にも、エアコンの制約を受けることなくインテリアコーディネートができる「いい家」は、歓迎されています。

> 涼温換気SA-SHE の家についてもっと知りたい
> 美和の家の実例集を見たい
> 体感ハウスに行ってみたい