ページトップへ

ブログ

皆さんは、今住んでおられる家に声だかに「いい家」ですと言えますか?

又、「いい家」とはどんな家だと思われますか?

私は、今、美和工務店で造られた『涼温な家』に住んでいて「いい家」ですと、自信を持って言えます。

それは、次の5つの条件が備わっているからです。

①家の中の空気がおいしく感じる。

②部屋間の温度・湿度の差が非常に少ない。

③遮音性が高く、家の中が静かで夜よく眠れる。

④家の中に仕切りが少なく、動きやすい。

⑤建物の外観に自信が持てる。

私は、家づくりに携わってから、ちょうど今年で25年が過ぎます。

この25年間でも、日本の家づくりは大きく変化しました。

1)省エネ技術の発達

2)耐震技術の発達

3)加工素材の開発

が進み、出来上がる家もいろいろ工夫された家が、出来上がって来ています。

このような中であっても「いい家」という概念は変わっていません。

人が住む家、家族が一つになって住む家を考えた時、やはり「いい家」の最高の条件は「住み心地の良さ」だと思います。

ただし、この「住み心地」というものは言葉では現わせられません。

感じるものだからです。

又、家というものは欲張りで「いい家」の条件として、一番は「住み心地の良さ」ですが、それ以外にも

・外観の良さ

・使い勝手の良さ

・収納の良さ

・メンテナンスの良さ

・価格の良さ

があります。この条件を満した家が「いい家」なのです。一つでも欠けると、住む人から「いい家」だと感じてもらえません。

だから、家づくりの醍醐味は家が完成し、お引渡し、お施主様が住まわれ、一年後の定期点検に行った時

「いい家を造ってくれてありがとう」

と言って頂いた時の喜びです。

このようなお言葉を頂けれるよう、日々、切磋琢磨しながら、家づくりに励まなければならない。

これが家づくりに携わる者の宿命だと思います。

近藤 正隆

まずは、お気軽に資料請求ください。

失敗しないお家づくりに役立つ資料請求はこちらから

 

 


 \美和工務店公式Facebookページができました/
みなさまのいいね♪フォローをお待ちしています。

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全29ページ中)