ページトップへ

ブログ

7月も後半に入り、学生の皆様は夏休みになりました。

社会人はお盆まで長期休暇はありません。

 

近畿地方は地震に始まり、記録的な大雨、梅雨が明けては猛暑の日々と、自然の神に苦しめられています。

今年はとにかく暑い!しばらく晴天が続くとのことです。
熱中症対策を万全に、こまめな水分補給をしっかりとしてこの夏を乗り切りましょう!

 

さて、話しは変わりますが、7/19に福井コンピューターアーキテクト(CAD)さん主催のセミナーがありましたので受講してきました。普段は業務が忙しくなかなか行く機会がないのですが、内容に興味があったので参加しました。

最初のセミナーは「木造住宅倒壊解析ソフト「ウォールスタット」による耐震性能の見える化」です。

ウォールスタットという言葉はご存じなくても、このソフトで作成されたアニメ―ションをメディア等でご覧になられている方も多いと思います。

というのも、熊本地震の後にNHKスペシャル「あなたの家が危ない」2016年10月で紹介されているからです。

ウォールスタットで建物を立体骨組によりモデル化、パソコン上で地震動を与えて損傷状況や倒壊過程をシュミレーションすることができます。アニメーションで建物が地震時に揺れた時の倒壊過程が一目でわかるというものです。私もまだこのソフトをデーター入力して使いこなすことは出来ませんが、近い将来できるようになったら、お施主様にも見ていただきたいと思っています。

他にもリフォームパレット、バーチャル空間体感システムVR等の面白そうなソフトがありましたので、ご紹介します。
リフォームパレットは建物の外観等をデジカメ等で撮影された写真を基に、疑似3D空間を作り、外装・内装の実際の3Dデーターを使用して簡単にリアルな3Dシュミレーションが行えるリフォームフォトシュミレーターです。 リフォームの外装改修の提案で使えそうですね!

VR(バーチャルリアリティ)はゲームなどでも使用されています。
私がCADで設計図面を入力したものがVRを使うと実際にバーチャル空間を動くことができ、スケール感を把握することができるそうです。私も実際に体感したことがありませんので、8月初旬に弊社にてデモ体験をする予定にしています。

最新の建築CADの現状はここまで進んできています。美和工務店も私自身も他社に遅れをとることなくお客様にわかりやすいプレゼンテーションができるようにまだまだ研鑽しなければならないと思います。

営業・設計グループ 中薗

まずは、お気軽に資料請求ください。

失敗しないお家づくりに役立つ資料請求はこちらから

 

 


 \美和工務店公式Facebookページができました/
みなさまのいいね♪フォローをお待ちしています。

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全39ページ中)