ページトップへ

ブログ

建物を建てるに当たり地盤から下の部分(通常人目に触れない部分)は一番大切な所です。

勿論、上物(基礎から上の部分の構造も大切な部分です)

いくら上部構造がしっかりした建物でも、基礎と地盤が強固な構造でなければ、何の意味もありません。

軟弱地盤の補強には何種類かありますが、今回は最近当社にて施工しました事例を2例紹介したいと思います。

1例目は、神戸市垂水区で施工しました鋼管杭による地盤補強です。

この工法は専用の機械で穴を掘り鋼管杭を埋め込む方法です。

2例目は、大阪狭山市で施工しました柱状改良という地盤補強です。

この工法は、専用の機械で穴を掘りながらその中にペ-スト状の補強材を注入しながら所定の深さまで掘り下げていく工法です。

どちらの工法で施工するかは、地盤の状況によりますので選定前に地盤調査を行い担当者と相談して決定するとよいでしょう。

施工グループ:松本 

まずは、お気軽に資料請求ください。

失敗しないお家づくりに役立つ資料請求はこちらから

 

 


 \美和工務店公式Facebookページができました/
みなさまのいいね♪フォローをお待ちしています。

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全39ページ中)