ページトップへ

ブログ

今朝の日本経済新聞の見出し「住宅ローン 変動型急増」を見て3年前の事を思い出した。

15年前にマンションを購入した際は、結婚前ということもあり二人で不動産業者さんの言われるがままにローンを組み印鑑を押した。

それから、10年経ち家を建てようとなってから、はたと「住宅ローンってどうすればいいの?」と不安にかられ、休日に銀行や住宅金融公庫、農協のセミナーを二人で受講し、仕事帰りに一人住宅ローン相談窓口へ足しげく通った。

だけど、知れば知るほど訳が分からなくなり不安は増すばかり。

ニュースから金利がどうのこうのと言われたら、家事の手を休め画面を食い入るように観てしまう。

半年そのような状態が続き、ついに二人とも疲れた。

そんな時、主人の会社へ出入りする銀行さんが、親切に返済表やプランの説明をしてくださり、疲れた頭をなでてくださった。

その出会いが、もう、ここしかない。ここでいい。早く終わりたい。という思いで溢れ二人の顔を泣きっ面にしていたと思う。

それからほどなく、めでたくローン審査もおり、担当者は淡々と事務的に事をすすめてくれる女性へとかわり、無事に決済をむかえることができた。

金利はというと、借入の際も銀行は変動でも問題はないという見通しだったが、保守的な父のアドバイスを受け二人は3年固定にした。

そして今年固定金利の期限を迎えた。

今春は娘の入学もあり私はバタバタしたので主人に任せると言い放ち、私は一抜けした。

しばらくして「変動金利に変更したわ。」と主人が言ったので、「あっ、そうなん。金利半年ごとに気を付けて見とかなあかんな」とだけ答えた。

 そして今朝の新聞を見た。

昨年下期で借り入れをした人が56.6%を占め、前年同期に比べ9ポイントも増えていると書かれてあった。

彼の動向の見立ては間違っていなかったと思い、何も知らないのにベラベラと文句を言わなくてよかったと思った。

管理G:島袋

まずは、お気軽に資料請求ください。

失敗しないお家づくりに役立つ資料請求はこちらから

 

 


 \美和工務店公式Facebookページができました/
みなさまのいいね♪フォローをお待ちしています。

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全39ページ中)