ページトップへ

家づくり成功術 Q&A

4、今、お客様に出来ること。お客様とのお約束。

先日、松井代表、久保田さん、そして「いい家」をつくる会 関西支部の4社が介し、ディスカッションをする機会がありました。

われわれ、美和工務店が外断熱の家を建て始めた16年前『外断熱』という言葉は新鮮だった。

今では、実際に住まわれる方の、住環境や住み心地を考えれば『完全外断熱』の家は、当たり前のことだが、まだまだ道半ばである。

先日の松井代表もコラム

「あたらしい家づくりの教科書」のウソ
「あたらしい家づくりの教科書」のウソ その2

でも書かれていたが、断熱に目を向けていても『換気』の概念が抜けている。

残念である。 

 

しかし、我々、美和工務店は『涼温な家』ほんまもんの家づくりをしているが、きちんとお客様に伝わらなければ意味がない。

ただの自己満足にすぎない。

 

私達がお客様の為に出来ること。

それは、『涼温な家』という住み心地の質が良く、健康増進効果の高い家を知ってもらい、家づくりに高い意識を持ってもらう事。

そして、その『涼温な家』快適に暮らし、快適な住み心地のいい生活を手に入れてもらう事なのだ。

私は、我が家が大好きだ。

松井代表は「亡くなる3日前まで、家で快適に住める家」であるべきだという。

年を重ねてからの生活、介護の事も考える。

亡くなる3日前まで、自立し、自活できる住環境の中、この『涼温な家』でやはり愛する家族と生活をしたいと思う。

 

家は、建てて終わりではない。

建ててからが、新しいスタートである。

そのためにも、今、家づくりを検討しているすべての人に、正しく伝える努力を怠ってはならないと思った。

 

実際に家を建てさせて頂いたお客様から、喜びの声を聞くたびに、16年前、朝日新聞の『天声人語』の「東京に外断熱しかしない工務店がある。」と書かれた記事を読み、松井代表に会いに行って良かったと。心から思うのである。

家づくり成功術 Q&A