ページトップへ

家づくり成功術 Q&A

11、『涼温な家』を新築した場合、どのような費用が必要なの?

『涼温な家』を新築した場合、どのような費用が必要なの?

 

建物の新築を計画する際に一番関心があるのは、どれぐらいの金額がかかるのかということかと思います。
建物本体工事の値段だけなら、坪単価でいくらという表現でだいたいの目安がつきます。

『涼温な家』を美和工務店で40坪前後の標準仕様で建てた際の、坪単価について、お問い合わせいただいたお客様にをお伝えしています。
お電話でも、お気軽にお問合せください。

家を建てる際、建物本体工事以外にも土地の状況により下記のような費用が発生してきます。

 

①   解体工事費

土地が更地ならば解体工事費は不要なのですが、建替えになると古い建物を取り壊さなければなりません。当然、古い外構部分、植栽の伐採も必要となる場合があります。高低差のある敷地では古い擁壁が基準を満たしていないケースもあり、一旦取り壊して、新しく擁壁を築造することもあります。そうなればかなりの費用が発生します。

 

②   外構工事費

オープン外構、セキュリティー重視のクローズ外構等いろいろな形態があります。
住むうえでどうしても必要不可欠な工事となります。
門柱に表札、インターホーン、ポスト、門灯、門扉。駐車場には土間コンクリートやカーポート屋根。道路から玄関までのアプローチ部分には階段、スロープ、手摺。
道路境界線、隣地境界線には塀(化粧コンクリートブロック、フェンス)。お庭には植栽等、外構工事は結構、費用が掛かります。建物プランと並行して外構計画も美和工務店から提案いたします。

 

③   浄化槽設置工事

最近は公共下水(汚水・雨水)設備がされていますので、浄化槽を設置しなければいけないケースは少ないのですが、整備されていない地域では浄化槽を敷地内に設置しなければいけないので費用が発生します。

 

④   上下水道引込工事

土地に上下水道(給水、汚水・雨水)が引込まれていない場合は新たに設置する必要があります。道路埋設公共上下水道管からの分岐となりますので大がかりな工事となります。また、交通監視員等も必要となります。
上水道が既存で引込まれている場合でも管の口径が13mmのため、今の基準では小さいので20mmに口径UPするように水道局から指導されます。その時には工事費の他に、各市で定められた給水市納金の差額を支払う必要があります。

 

 

⑤   地盤改良工事

土地が更地になった状態で計画予定の建物4隅と中央付近の5か所で地盤調査を実施します。地耐力が充分あれば問題ないのですが、弱い場合は地盤改良工事が必要となります。土地により地耐力がある層の深さが異なります。当然、深い層まで地盤改良工事が必要となり工事費も高くなります。

 

⑥   オプション工事

標準仕様を変更する場合は追加費用が発生します。
例えば、屋根仕様を瓦に変更したり、外壁をサイディングから塗り壁に変更する場合等、お客様のこだわりの部分があり追加変更工事となります。
それ以外でも下記の一般的なオプション費用があります。

 

・居室の照明器具

美和工務店では共用部分の照明器具は標準仕様としていますが、居室については、お手持ちの照明器具を使用する場合や家電量販店で購入するケースもあるので、オプションとさせていただいています。

 

・カーテン、ブラインド工事

これも、お手持ちのカーテンを使用する場合やインテリア・家具量販店で購入するケースもあるので、オプションとしています。

 

・TVアンテナ工事

最近は、ケーブルテレビ、インターネット等の普及によりTVアンテナを設置しないケースが多いので、オプションとしています。
尚、高層建築物等が周囲にある場合は電波障害があるためTVアンテナが設置できません。

 

⑦   登記費用

既存建物を解体撤去した場合は建物の滅失登記を行います。
また、新築工事時には最初に表示登記を行います。それから、保存登記を行い、建物の所有者の権利を確保します。銀行融資等がある場合は抵当権設定登記も併せて実行されます。
保存登記は土地家屋調査士が、保存登記は司法書士が行うことが多いです。
美和工務店ではこれらの業務を行っていませんので、弊社の取引のある土地家屋調査士・司法書士を紹介させていただいています。
保存登記を行うときに銀行融資がある場合は銀行サイドの司法書士が手続きされることがほとんどです。

 

⑧   祭典費

新築工事着工前には工事の安全を祈願して地鎮祭を行います。
土地の氏神様にあたる神社にお願いして地鎮祭を挙行します。玉串料はお施主様より直接ご祈祷いただいた宮司様にお渡しいただきます。

上棟式は神社に依頼せず、お施主様と工事関係者で執り行います。御幣を準備して、お清めを行い、工事の安全とお施主様の益々のご繁栄を祈願いたします。
そして、建物の建て方作業の行った大工さんたちの労をねぎらい、直会(なおらい)の宴席を設けます。
お施主様、大工さん、美和工務店社員が楽しいひとときを過ごし、コミュニケーションを深めます。
直会が終わると、お施主様より工事関係者にご祝儀とお土産がお渡しされます。直会の準備品はお施主様のご負担となります。

 

⑨   引越し費用

新築工事が完成すると、いよいよ引越しとなります。引越し業者、時期、距離等により金額に差が出てきます。3~4月は特に入学、就職シーズンで転勤も多くなり割高となりますので、事前に安い期間を検討されることをお勧めいたします。
また、もともと住んでいた場所での建替え工事になると仮住まいの家賃やその引越し費用と2回分の引越し費用が発生します。

 

 以上の①~⑨までが、建物本体工事以外に発生するおおまかな費用となります。

 

美和工務店ではプラン提案依頼のあったお客様には2回目まで無料でプラン提案を行っていますので、ぜひご活用ください。

 

2回目のプラン提案時に建物本体工事の概算見積書も提示させていただきます。

併せて、上記の①~⑨の概算費用も提示して、総予算がいくら必要なのかをお伝えいたします。

 

そこで、工事金額の合意がいただければ設計契約を締結させていただきます。

その後に実施設計へと進み、詳細のお打合せが始まります。

それから、ショールームの案内を行い、住宅設備機器、外部仕様、内部仕様を決定していきます。全ての仕様が固まると詳細見積書を作成・提示いたします。

ここで、金額の合意をいただいて建築工事請負契約を締結します。

そして、『涼温な家』の工事が着工となります。

まずは、お気軽に資料請求ください。

失敗しないお家づくりに役立つ資料請求はこちらから

 

 


 \美和工務店公式Facebookページができました/
みなさまのいいね♪フォローをお待ちしています。

家づくり成功術 Q&A