ページトップへ

社長の思い

「いい家」をつくる工務店

お客様との

皆様こんにちは。美和工務店 代表取締役・近藤正隆です。

きょうも朝から体感ハウスにお客様がみえるので、家内はお出迎えの準備に大わらわ。私は私でどんな風にお話すれば、「いい家」の良さを正確に理解していただけるかなと、もう一度シミュレーション中です。

じつはこの体感ハウスは私たちの自宅でもあります。自分たちが実際に暮らしてみないと、人様に住み心地を説明するのは難しい…というわけで、住みながら自宅を公開することにしました。やってみると思ったほど大変ではなく、他の所よりもややお客様の多い家庭という感じでしょうか?いつも家が片付いているので私は歓迎しています。家内は大変だと思いますが、もともと掃除が大好きなので、それほど苦にはしていないようです。そして何より私たちは、同じ価値観を持っている方たちとここで出会い、語り合うことができるのが、心の底から嬉しいのです。

 

お客様との日々

 

「社長ので決めた」と言っていただくのですが・・・

「いい家」に興味を持って、体感ハウスにまで足を運んでくださるお客様は、「家」を建てることによって何を実現したいかが、かなりはっきりしていらっしゃる方々です。大きく言うと「(1)基礎・構造がしっかりしていること」「(2)高い断熱・気密性能をもち、人だけでなく建物にとっても健康な環境をつくり出すこと」「(3)いつもきれいな空気の中で過ごせること」の3点に重きを置いていらっしゃる方がほとんどです。

私もまさにその点において、松井修三会長が生み出された「いい家」の素晴らしさに感動し、「いい家をつくる会」の仲間にしていただきました。そのためお客様と話していてもついつい熱が入り、あっという間に時間が経ってしまいます。

そんな私のことをどう思っていらっしゃるのかは、その場ではわかりませんが、後になって“美和工務店を選んでくださった理由は何ですか?”とお尋ねすると、“社長の誠実な人柄”とか“仕事への熱意”と言っていただくことがよくあります。手前味噌なようで気が引けますが、正直申し上げてめちゃめちゃ嬉しいです。格別に取り柄もなく、もちろん聖人君子でもありませんが、元鉄鋼マンだった自分の唯一の長所はその誠実さと、決めたことはやり抜く熱心さだと思っているからです。

> 次ページ「命を守る住まい」へ