スタッフブログ

PM2.5で重症化も

2月7日(日)の朝日新聞に、非常に気になる記事が載っていました。

「PM2.5(微小粒子状物質)といった大気汚染物質を取り込んだマウスの肺は、新型コロナウイルスに感染しやすい状態になることを、京都大などのチームが突き止めた。大気汚染が感染や重症化のリスクになることを、細胞レベルで示したとの研究成果が3日米科学誌に掲載された。」

と書かれています。

2月7日(日)朝日新聞朝刊
PM2.5で重症化も」記事

 

これは美和工務店が、今一生懸命造り続けています『涼温な家』の換気計画の考え方と合致しています。

建物全体(基礎→外壁→屋根)を断熱材で覆い、気密処理をして、隙間風を極力無くします。

室内に取り入れる外気用ダクトに外気浄化装置(PM2.5対応フィルター内蔵)を設置し、汚染物質までも除去したキレイな空気を室内に取り入れる。

これにより感染予防にも役立ちます。

 

今、国を挙げて感染予防として、うがい・手洗い・マスクの着用と言われていますが、家に帰ったらマスクは外したいと思うのが一般的でしょう。

しかし、外気を浄化せずそのまま取り入れる家であれば、マスクは外せません。

美和工務店の造る『涼温な家』の良さは、温熱環境だけでなく空気質の良さにも優れている家という事が分かります。

ぜひ、その良さを体感しに来て下さい。

お待ちしております。


美和の造る『涼温な家』平屋体感ハウス
堺市西区浜寺昭和町


近藤正隆

記事一覧

1ページ (全61ページ中)

ページトップへ