スタッフブログ

T様・M様邸ライトアップ

2015/12/03(木) 涼温な家新築のこと

12月になり、寒さも本格的になってきました。これからもっと寒くなることを思うと、

冬が苦手な私にはとても辛い時期です。

でも、この時期になると、いろんなところでクリスマスのイルミネーションやライトアップが見られます。

現在施工中の物件でも大工さんの協力のもと、T様・M様邸でTIPも美しい為、ライトアップをしてみました。

 

日中、夕方、夜とそれぞれの違った時間で雰囲気が変わります。私は日中に内部いるときの

TIPの隙間からこぼれる光と、木の香りが漂い、工事現場ではないような雰囲気が、どの現場でも感じられるところが気に入ってます。


 

TIPとは

幅9cm、厚さ12mmの杉または桧板を、外壁全面に斜め45度に張り上げていく工法で、耐震性に優れています。

屋根まで張り上げられた板材の隙間を空気が通り抜けるので、常に木の乾燥を促し、腐朽菌の繁殖防止に効果があります。また、斜め張りの隅部に、三角形のガセットプレートと呼ばれる金物を使用することにより、木材の本来の力を存分に発揮できるようになり、耐震性が向上。具体的な数値で表すと、旧住宅金融公庫仕様のなんと2.69倍の耐震性になります。すっかり張り上がった状態の家はとても美しく、使っている木の量も相当なものになります。

TIPの実験動画はこちら

 

TIP工事が終わると、次は断熱工事に入ります。

断熱材を貼ると、美和の現場では真冬でも動いて作業をしていると、職人さん達は上着を脱いで作業をしています。

断熱効果だけでなく、気密も保たれているので寒いのが苦手は私には、とても居心地のいい現場です(^-^)

 今年も残り1ヶ月、無事故、無災害で気を引き締めて安全第一で、現場にあたりたいと思います。

 

施工グループ 永野 敦士

記事一覧

1ページ (全58ページ中)

ページトップへ