スタッフブログ

台風被害屋根工事

川端 自己紹介へ
2019/06/06(木) リフォームのこと

皆様こんにちは。

昨年来の台風21号被害修復工事はまだ続いていますが、大きな屋根葺替え工事はほぼ終了し、少し落ち着いた状況にあります。

ですが、瓦及び樋の補修等が依然として残っていると同時に、新たな被害修理のご要望も出てきております。

いまだ、一般リフォーム業務に手が十分に届かない現況が続いています。

 

今回の台風被害の状況を見ていますと、古い瓦葺きの屋根は土だけで固め、瓦が乗っている場合が多く、年数とともに脆くなり、台風などのような強い風にさらされると、めくれ・ずれ落ちが発生しやすくなります。

   

 

また、瓦も劣化し、物が当たると割れやすい状態になります。

30年~50年を経過している屋根は、早めの点検とメンテナンスが必要かと思われます。

 

スレート屋根(カラーベスト屋根等)の場合、目に着く台風被害は、棟鉄板及び棟板のめくれ、剥がれなどです。

  

スレート屋根の耐用年数は15年~25年くらいです。

屋根材の色褪せ、位置がズレる、割れる、欠ける、水を吸ってブヨブヨになる等の状態が出てくると、点検・メンテナンスが必要となります。

目安としては、新設後約10年毎に塗装すれば耐用年数は約30年になります。

これも定期的に点検・メンテナスをしっかりしておれば、台風に耐えうる屋根になっていたかもしれません。

 

人間の体も定期健康診断を行っているのと同じで、屋根についても意識して早めのメンテナンスが必要ですね。

リフォームのお問合せはこちら

施工グループ  川端

記事一覧|2019年6月

ページトップへ