スタッフブログ

シロアリ被害について

2020/09/01(火) リフォームのこと

先日「リフォームしたい所があるので、一度見に来てくれないか」とご依頼があり、現場の調査にお伺いしました。

・ウッドデッキの床梁が腐ってきている
・ハネアリが飛んでいる
・家もシロアリの被害は受けていないだろうか
とのご相談もありました。

その地域は、イエシロアリ被害の多い場所とのことで、シロアリ駆除専門業者に一度見てもらったほうが良いと判断、後日現場調査をしてもらいました。
結果、問題はなくホッとしているところです。

 

以前、ハネアリが飛んでいるというお宅があり調査をしたところ、植木の根本あたりから家の方向に向かって、道がついており、玄関の柱に無数に穴があり、明らかにシロアリの被害が出ている状況でしたので、シロアリ駆除専門業者に依頼し、調査・駆除を行いました。
虫食い柱等の修理は、弊社で行いました。

 

それでは、シロアリ被害とはどのような状況かをお伝えします。
シロアリ被害の怖いところは、人間の病気で例えると「サイレントキラー」のようなものです。
気が付かないうちに状況が悪化し、深刻化していることです。

 

被害の主な発生場所は、次の通りです。

〇水廻り・配管

水廻りは湿気も多く、水を使用した際に隙間から流れ、水シミを作ってしまう事があり、浴室やキッチンなどの床下はシロアリが進入するケースが多発しています。

 

〇柱

シロアリの被害が拡大してくると床下などから侵入し、柱や家屋の木材を食い荒らされていたケースも多くあります。
建付けが悪くなったり、柱から空洞音がしたりする場合は、被害にあっている可能性は高いと思われます。

 

〇外壁部分

主な侵入経路は、飛来か地面をつたっての浸食です。
外壁部分に蟻道ができ、大量発生している場合があります。
倒木や庭にある木材から、家屋へ浸入することもあります。
自宅周辺には不要な木材を残さないようにすることも大切です。

 

〇床下

床下の木材が食い荒らされ、ボロボロになっていたという事例です。
特に、床下は被害にあっている事に気付くのが遅れ、部屋の床がブカブカすることで、気になって調査することが多くあります。
床下のシロアリ調査は素人には難しく、また危険な為、専門のシロアリ駆除業者に依頼するのが良いでしょう。

 

〇畳

自宅の畳であっても、シロアリの餌となります。
普段生活しているすぐそばに、シロアリがいると思ったら、かなりゾッとしますね。
畳を踏んだ感触が、いつもと違っている、もしくは柔らかくなってしまったという方は、被害を疑ったほうが良いでしょう。

 

〇庭木・花壇

庭でガーデニングなどを行っていると、ガーデニングに使用している枕木などが、被害に遭う場合があります。
また、庭に放置してある倒木やダンボール、切り株といったものは危険と考えましょう。
シロアリが餌とするものであり、家屋に隣接している場合、倒木などの次に、家屋へ侵入することにもなります。

 

シロアリ被害に気が付くきっかけは、自宅の周りや自宅内でシロアリを見かけた時です。
しかし、シロアリを見かけなくても、他のポイントで見分けることが出来ます。
シロアリ被害にあっているか見分けるポイントは次のとおりです。

 

〇壁や柱をたたいた時に空洞音がする。

〇床に木くずやフンが落ちている。(床に身に覚えのない木くずがある:要注意)

〇羽アリが飛んでいるもしくは、蟻道がある。(シロアリは基本的には地中から侵入するので、最初は目立たず、シロアリの巣が大きくなっていると考えられる)

〇日常生活の中で不便が増えた。(ドアの開閉がしづらい、歩くと床がへこむ等の状態)

〇部屋の隅に小さな羽が落ちている。

 

上記の状態等が散見されましたら、一度シロアリ駆除専門業者に見てもらうことお勧めします。

弊社でも対応させていただきます。

お気軽にご相談ください。

お問合せはこちら


施工グループ 川端

記事一覧|2020年9月

ページトップへ