スタッフブログ

庭廻りフェンス改修工事雑感

2020/11/24(火) リフォームのこと

今回は、庭廻りの改修の相談にのって欲しいとのご依頼に基づき、某邸を訪問しました。

約3坪程の庭で、植木鉢が並び、塀際にはバラの木が3本植えられていました。

床にはタイルがきれいに敷かれて、良い状態できれいに管理されている状況でした。

 

ご希望は、1ⅿ程のブロック塀の上にある1.2ⅿ程の木製外柵が、経年による老朽化が進んだ状態で、台風が来れば倒れそうな状況なので、見栄えの良いフェンスにしたい。

又、庭部分も入口に門扉を付け、より良くしたいとのご希望でした。 

 

ご提案は、

①床部分にはインターロッキングを敷きならべて、植木鉢等を配置しやすくする。

②フェンス部分は、アルミ形材フェンスを使用して軽量化を図り、既設ブロック塀の上部に穴を開けて固定する。

と考えていました。

ところが、既設ブロックの笠木部分に煉瓦調の化粧ブロックを使っていること、老朽化によって脆くなっていることから、穴を開けてフェンス柱を固定するのはいい方法ではないと考え、独立柱(約2ⅿ)を建てて既設ブロック塀にLアングルで固定する方法を取ることとしました。

この方法で施工しますと、既設ブロック塀とフェンスがより強固に一体化され安定すると考え、お客様にご提案し、ご了解を頂きました。

床部分については少し高額になったこともあったと思いますが、ご自身で新しい床タイル等を敷いてみるとのことで、今回はフェンス工事のみをさせていただきました。

施工前


施工中

フェンス選びでは、出来るだけお客様のご要望に合うよう、見本カタログ等の提示をさせて頂きましたが、何よりもお客様が一生懸命に「どの製品が自分の思いに合致しているのか」考えておられましたので、何度も打合せの機会をいただき、お客様と一体になってフェンスを完成することが出来ました。

これほど熱心に考えられ、いろいろと意見交換をさせて頂き工事を進めることが出来ましたことは、我々施工業者にとりましても「何とかご希望にかなったフェンスにしよう」と大変な励みにもなり、また良い勉強にもなりました。


施工後

木目調のアルミ形状、少しの隙間ですがルーバー式になった、見た目がとても上品なフェンスが完成しました。 

お客様からは「いい感じのフェンスが出来た!」と満足の言葉を頂きました。

我々としても達成感を味わった瞬間でした。

今後も、お客様に満足感を感じていただける施工を目指していきたいと改めて思いました。

リフォームの【お問合せ】はこちら


施工グループ 川端

記事一覧|2020年11月

ページトップへ