木板外壁の改装工事

2024/02/09(金) リフォームのこと

旧家、木板外壁の改装についてお話します。

在来外壁は、最近ではあまり見ることのない焼杉板の外壁でした。

経年による木板の劣化等があり、同じような趣を持った外壁に改修してもらえないかとの、お施主様のご意向を受け、今回の工事を行いました。

既存外壁の上から、下地材(胴縁)を取り付け、金属製の外壁材を張り付けました。


施工前

使った材料は、ヨドプリント(土佐焼杉)です。

大工さんは、古い家屋になるとどうしても壁面にゆがみがあり、下地材を修正しながら施工しなければならないことや、コーナーの水切り等垂直でない金物の取付に、苦労していました。

従来の木板のイメージを残しながら、スッキリとした仕上がりになりました。


施工後

お施主様も満足され、大工さんの苦労もご理解いただき、我々にとってはありがたいことでした。

施工グループ 川端