TIP構法

2024/01/10(水) 涼温な家新築のこと

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2024年、元旦から能登半島地震が起こり、被災者の方々は大変な日々をお過ごしのことと思います。 

いつどこで起こってもおかしくない大地震。

改めて避難経路、防災グッズの確認、住宅の中でも家具の転倒など危険な場所はないか確認し、備えておきたいものです。

 

美和工務店では、どのような耐震構法を採用しているのか、改めてご紹介します。

木の家だから、木にこだわった【TIP構法】 

  1. 筋かいと補強ガセットの使用によりトラス構法とラーメン構法を併用するので、耐震性能が著しく増大する。
  2. 筋かいの端部を補強ガセットとせん断釘で接合するので、圧縮にも引張にも利くようになり、筋かいによる耐震強度が高まる。
  3. 筋かい端部に設けるクリアランスの効果で、筋かいの折損および、筋かいによる柱の引き抜き・横架材の突上げを緩和する。
  4. 広幅筋かいの使用により、筋かいの耐震強度が高まる。
  5. 下地板を斜め張りにするので、耐震性能が増大する。また、斜め張りは縦揺れに対しても有効である。
  6. 水平荷重対応型軸組では、階ごとに軸組の内則高さが揃うので、柱スパンによって分類すればパターン化が可能となる。そのため、筋かいや下地材の加工が容易。また下地板壁をパネル化する場合は施工の効率が更に高くなる。
  7. 軸組の接合に補強ガセットを使用するので、下地材の表面がフラットになり、仕上げ材の取り付けが容易になる。
    (日本TIP建築協会ホームページ TIPの構法の効果より)

 

一日も早い復旧、復興を心よりお祈り申し上げます。

 

 

新築営業設計グループ 嶋田

1ページ (全86ページ中)