スタッフブログ

コンクリートブロック塀のチェックについて

川端 自己紹介へ
2020/03/24(火) リフォームのこと

現在、某企業様のコンクリートブロック塀改修工事を、2現場担当しています。

平成30年6月18日に発生した大阪北部地震による倒壊被害を受けて、国土交通省は塀の安全対策について、学校の塀に限らず、広く一般の建築物の既設コンリートブロック塀の安全点検を行う為の「チェックポイント」を作成しました。

都道府県の特定行政庁を通じて、コンリートブロック塀の所有者に対してチェック依頼をし、建築基準に合致する塀となるように要請がありました。

今回の工事も、施主様がその「チェックポイント」に基づきチェックした結果、不備事項が散見され改善する為に今回の工事を発注されました。

当然、建築基準法に適合した工事を行っています。

 

それでは、国土交通省から示されているチェックポイントはどのようなものか、参考に列挙させていただきます。

次の点についてブロック塀を所有されている方は、まず外観で1~5までをチェックされて、ひとつでも不都合がある場合や分からないことがあれば、工務店等の専門業者に相談していただければと思います。

□ブロック塀の高さは地盤から2m以下か。

□ブロック塀の厚さは10㎝以上あるか。(塀の高さが2mを超え2m以下の場合は15cm以上の厚みが必要)

□ブロック塀の高さが2m越えの場合、塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの5分の1以上突出した控え壁があるか。(高さが2mの場合、40㎝以上(ブロック1枚分))

□コンクリート基礎があるか。

□ブロック塀の傾き、ひび割れはあるか。

□通常ブロック塀の場合は直径9㎜の鉄筋が、縦横とも80㎝間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれカギ掛けされているか。また、コンクリート基礎が土中に30㎝以上埋まっているか。(塀に高さが2m超えの場合)
これは専門家に相談してください。

チェックポイントは以上ですが、ブロック塀を所有されている方は、今一度点検されてみてはいかがでしょうか。

お問合せはこちら

施工グループ 川端

記事一覧

1ページ (全54ページ中)

ページトップへ