スタッフブログ

春風そよぐ地鎮祭

2016/04/06(水) 新築のこと

暖かい気候になり、春雨と共に桜も散り始めた今日この頃ですが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

陽射しも徐々にきつくなり、すでに紫外線も真夏並みにあるらしいので、お出かけの際はお気を付けください。

さて、美和工務店の『涼温な家』の新築工事もこれから賑やかさを増してきます。

先日も吹田市で、地鎮祭が執り行われました。

若干、薄い雲が掛かる中、宮司様の祝詞が奏上されました。緊張が伝わる一瞬です。

弊社の地鎮祭はお施主様、社長、設計担当者、施工担当者、協力業者(大工棟梁、基礎、電気、水道)の各担当者が参列して実施されます。我々は業務の中で何回も経験しているのですが、何とも言えない厳粛な空気が流れます。

お施主様は初めて経験される方がほとんどなので感慨深い気持ちになられることと思います。

苅始めの儀は設計者が、穿初め(ウガチゾメ)の儀はお施主様が、鎮物埋納の儀は施工者がそれぞれ「エイ!エイ!エイ!」と3回大きな声を出して作法を行います。

お施主様は始めてなので戸惑っていますが、宮司様が作法を教えてくれながら進行します。

最後に参列者で玉串奉奠(タマグシホウテン)を行い、工事の安全とお施主様の益々の繁栄を祈願して地鎮祭を終えます。いつもそうなのですが、地鎮祭を終えると心が澄み切ったように清々しい気持ちになります。

爽やかな春風もそよいでいるので尚更かもしれません。

そして、地鎮祭を無事に終えると、近隣に工事の挨拶に伺います。

工事期間中(4~5か月間)は埃、音、工事車両駐車等で、何かとご近隣の方にはご迷惑をお掛けするとになります。着工前に挨拶を行うことでトラブルの予防にも繋がりますし、万が一のトラブルに対してもすぐに対応できるように連絡先をお伝えいたします。

このようなことを実施してようやく新築工事がスタートいたします。

弊社では、昨日の地鎮祭を皮切りに注文住宅4棟、事務所1棟の地鎮祭が約1週間ごとに行われる予定です。

工事中の安全を遵守して、お施主様の思いの詰まった「住み心地のいい家」をお届けできるように努めていきたいと思います。

また、しばらくすると『涼温な家』構造見学会、完成体感会のご案内をさせていただきますので、ぜひお越しくださいますようにお願い申し上げます。


涼温な家 建築レポートはこちら>>ただいま 建築中

 

 

営業・設計グループ 中薗 登

 

記事一覧

1ページ (全58ページ中)

ページトップへ