スタッフブログ

営業に同行して

常務 近藤 自己紹介へ
2014/12/15(月) 日々のこと

14日の日曜日午前中和歌山から体感ハウスへお越し頂いた若夫婦、一歳のお子様ずれでお腹には新しい命が宿って居られるそうです。
感じのいいご家族でした。

パパに抱っこされて来場!体感ハウスの管理人である私が「おはようございます、よくいらっしゃいました。」と、あいさつをした所1歳のお子さんが頭をピョコンと下げてご挨拶をしてくれました。いらっしゃい!!と、手を差し伸べるとパパの胸からさっと私の胸に来てくれました。

最近の子供さんはお母さんの顔が見えないとおお泣きされるお子さんが多いのに、とても可愛く明るく無邪気なお子さんに接する事ができて、久しぶりに和やかな数時間を過ごさせてもらいました。

横では、営業と社長が「涼温な家」について詳しく説明!!また、美和が造る家、みどころを現物を見て頂きながの説明に若いご夫婦は質問が飛び交っておりました。高額な家を求めてのお客様、匿名と、言うわけには参りません。必ず2社、3社を回って行きつくところが「涼温な家」と言うパターンが多いように思われます。

この若夫婦もご両親さまと2所帯をお考えです。1週間前の現場見学会にご両親さまがお越しでした。
「涼温な家」の発売をきっかけにお客様からの問い合わせも増え、また、社長自ら飛び回る日々が多く忙しい中にも充実した毎日を送っております。

お昼からは女性の営業に同行してプラン提案に行って参りました。
私としては、久しぶりのプランニング、主婦の目線で考えたプラン、動線です、胸弾ませての打ちあわせでした。
帰ってきた言葉が「お宅で4社目ですが、私たちの思いが詰まった提案でホッとした!」と、言っていただき胸を撫で下ろす場面もありました。

それと、お客様から言われた言葉の中に、ハウスメーカーは、いくら説明しても「できません!出来ません!」の一点張りで出てくるプランがメーカーお勧めのプランに成っていた、何時間も掛けて思いを伝えているのに何も反映されてないプラン、ちっとも嬉しくなかった。と、聞かされました。

少しばかりの訂正は有った物のこのままで修正をかけ、概算のお見積りをください!!お正月に資金ぐりを考えます。
まだまだ、これからでしょうが?年内は一先ず終わりそうです。

涼温な家に住んで居ればこそのご説明と、主婦目線での提案、SCの家からSA-SHEの家、涼温な家にも住んでの説明に自信を持ってお客様と接する楽しさを身を持って実感した一日でした。帰りにはゆずが沢山生っていたので頂いて帰りました。ゆずみそを作りたいで~す。

                             管理G 近藤

 

記事一覧|2014年12月

ページトップへ