SE構法とは、「優れた耐震性能」と「自由度の高い空間」を兼ね備えた最先端の木構造技術。

大規模木造建築物をルーツ持ち、数値に裏付けられた構造計算を行なうことで、耐震性能の高い安心な木の家となります。

また、「ラーメン構造」の屈強な構造躯体は、今までの木造住宅では困難だった「自由度の高い開放的な空間」を安全に実現します。

 

システム化された木造ラーメン構法。それがSE構法。

柱や梁そのものを互いに剛接合し、強固な構造躯体をつくり上げる。

従来、鉄骨造やRC造において主流だったラーメン構法を、日本の木造住宅に取り入れたのが“SE構法”です。

ラーメン構法は極めて信頼性が高く、歴史的な蓄積も多いことから、20世紀以降の近代構法の主役ともいうべき役割をはたしています。

しかし、鉄やコンクリートといった強度計算のできる均質な部材を前提としているため、日本の木造住宅にラーメン構法を取り入れようという発想は、存在しませんでした。

それは、地震大国に日本において、日本人が最も住みたいと願う「木の家」に、必要な耐震性を確保する工法が存在しないことを意味していました。

SE構法が実現したのは、住む人の安心と安全。地震に負けない強さと、木造の美しさの両立だったのです。

つまり、この優れた構造技術を使うことによって、一般の在来木造では困難だった開放的な空間が安全に実現することを可能にしているのです。

ページトップへ