17、現金で住宅を新築する場合に、なにか税制上の特例はありますでしょうか?

住宅ローンを組まずに、現金で一定の要件を満たす住宅等を新築した場合には、「認定住宅新築等特別税額控除」という特例を利用して、所得税の税額控除を受けることができる場合があります。

この制度は、“認定長期優良住宅等”を新築した場合に、建築費用に応じて、最大65万円を、その年分の所得税額から控除してもらえる制度です。

ただし、これらの税制の適用に当たっても、様々な要件があります。

適用に当たっては様々な要件がありますので、美和工務店は顧問税理士もおります。是非ご相談ください。

ご相談・お問合せはこちら

注文住宅を建てたい|家づくり成功術 Q&A

ページトップへ