体感ハウスコンセプト

 「いい家」とはどんな家をいうのだろう。

終の住処こそは、「いい家」に住みたいと誰もが思う。

「いい家」とは、暑過ぎず、寒過ぎない、そして空気の気持ちいい家を言うのです。

気持ちいいを形にしたのが、美和の造る「平屋建ての家」です。

一度体感して下さい。違いがわかります。

 

社長の思い

長寿の国日本、これからはいかにして健康寿命を長く持つかが重要になってくると思います。

ここで健康寿命と住む家のあるべき姿について、考えてみたいと思います。

安全で住みよい家を考えた時、家の中のバリアフリーは当然ですが、家の中の温度、湿度、空気質のバリアフリーも大切です。

そこで「いい家」造りの重要なポイントは、基礎から外壁、屋根までしっかりと完全外断熱とし「断熱性能」「気密性能」を確保する事。また、窓は熱伝導率の小さい樹脂サッシ、ガラスはLow-Eで、ペア又はトリプルとし、家の中と外との熱のやりとりを極力小さくする事です。

この家造りの工法は、美和工務店が今手掛けている『涼温な家』の家造りです。

定年後の2人の生活には、広くて、大きな2階建てや3階建ては、いらないと思います。日常の生活動線を考えて造る、使いやすいシンプルな間取りの平屋建ての暮らしを、想像してみてください。きっと楽しい生活が想像できると思います。

今、美和工務店では「定年後2人で暮らす平屋建ての家」というコンセプトで、新体感ハウス建築計画をスタート致しました。

完成しましたら、ぜひ皆さまに体感して頂き、これからの暮らしを考えてみて欲しいと思っております。

ページトップへ