体感ハウスコンセプト

 「いい家」とは、どんな家をいうのだろう。

終の住処こそは、「いい家」に住みたいと誰もが思う。

「いい家」とは、暑すぎず、寒すぎない、そして空気の気持ちいい家をいうのです。

そんな気持ちいいを形にした美和が造る「平-taira-屋の家」。

極上の住み心地を体感してみてください。

違いがわかります。

平屋体感ハウス【建築中の様子】はこちら

 

会長の思い

長寿の国日本、これからはいかにして健康寿命を長く持つかが重要になってくると思います。

ここで、健康寿命と住む家のあるべき姿について考えます。

 

それは、安全で住みよい家であること。

家の中のバリアフリーは当然ですが、家の中の温度、湿度、空気質のバリアフリーも大切です。

基礎から外壁、屋根までしっかりと完全外断熱とし「断熱性能」「気密性能」を確保すること。

また、窓は熱伝導率の小さい樹脂サッシ、ガラスはLow-Eで、ペア又はトリプルとし、家の中と外との熱のやりとりを極力小さくすることで、家中の温熱バリアフリーが完成します。

 

次に空気質へのこだわり。

美和が造る家には、家の中心にセンターダクトという空気の柱があります。

その柱から吹く、きれいで温かく涼しく爽やかな空気は、四季を通じ24時間私たちを包んでくれます。

ですから、窓を開けて外気を取り込む換気は、もう必要ありません。

外気はとても汚れています。

そんな汚れた外気をPM2.5まで除去し、きれいな空気に変えて換気をしてくれる24時間換気システムと、1台のCDエアコンを組み合わせ、センターダクトから空気を送ることで、家中がマイルドな涼しさと温かさにな全館涼温房。

この上ない快適性にうとうとと居眠りが増えることでしょう。

 

このような家造りの工法は、美和工務店が手掛けている『涼温な家』という工法だけです。

そして最後に、「定年後2人で暮らす家」に必要なものだけにすること。

定年後の2人の生活には、広くて大きな2階建てや3階建てはいらないと考えます。

また日常の生活動線を考え抜き、使いやすくシンプルな間取りの平屋建ての暮らしにすること。

それが健康寿命を長く持てる、終の住処であり、住むことが楽しくなる家だと考えます。

ページトップへ