ページトップへ

ブログ

先日、河内長野市のI様邸へ社内検査・お施主様検査の事前チェックと清掃に行って参りました。

I様との出会いは、2015年 堺市で建てさせて頂いたT様邸の完成見学会へご来場頂いたのが、きっかけです。

緊張しながらお話した《美和の建てる『涼温な家』について》を、I様ご夫婦が一生懸命お聞き下さったのを覚えています。

そして、他社様も検討されながら、美和工務店を選んで頂けた時は、本当に本当にうれしかったです。

お客様の想いが“幸せのかたち”になり、お家が完成すると何とも言えない気持ちになります。

 

 

さて、クロスの施工が終わり、清掃、そしてチェックが完了すると村田畳店さんの3代目と4代目が畳の搬入にきてくれました。

村田畳店さんは、先代の2代目から、3代にわたるお付き合いです。

美和工務店のお客様のお家づくりに携わる信条を正しく理解してくれ、実践してくれています。

新築の現場には必ず、新しいスリッパを持参。

床の間や仏間の位置により、畳の敷き方は変わります。

床の間のすぐ前の畳は、床の間と平行に敷く。

部屋の入り口の畳は、出入り口と平行に敷く。

などがあります。

 

 

 

一度、畳をしならせてから、敷き詰めていきます。

最後は、3代目が畳を拭きながら、最終の確認をしていきます。

目でみただけではわからない、畳のへりとへりの納まり具合など、長年の経験からチェックし、手をかけ直していきます。

そして、美和工務店の新築では、すべて『国産』の畳を使用します。

なぜ、国産の畳を使うのかというと、中国産の畳はどれだけの量の農薬が使われているかわからないから。と話されていました。

小さいお子さんがいるご家庭では、畳で赤ちゃんがハイハイする光景を当たりまえのようにみます。

そして、その畳の上でハイハイした手を口元へもっていった時の事を考えると、安全な《国産》の畳を使用するべきだとおっしゃっていました。

お施主様が安心して生活出来る様、安全な材料を選定し使用しています。

 

 

今週末はいよいよI様邸の完成見学会です。

『和』と『木』を楽しむ二世帯の『涼温な家』

またとない機会ですので、ぜひ皆様、ご来場ください。

お申込みはこちら


(画像をクリック頂くとイベント詳細ページにジャンプします)

営業・設計グループ:玉置

まずは、お気軽に資料請求ください。

失敗しないお家づくりに役立つ資料請求はこちらから

 

 


 \美和工務店公式Facebookページができました/
みなさまのいいね♪フォローをお待ちしています。

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全31ページ中)