スタッフブログ

令和最初の上棟式でのハプニング

中園 自己紹介へ

7月末に泉大津市のY様邸にて、上棟式を挙行しました。

美和工務店では、工事着工前に地鎮祭を、建て方が完了した時に上棟式を執り行います。

いずれも工事の完成までの安全と、お施主のご健勝と増々のご繁栄を祈念して実施いたします。

 

上棟式の準備の際、お施主様に御幣に記名していただくのですが、ちょっとしたハプニングがありました。

美和工務店にとっても「令和」最初の上棟式だったのですが、御幣は市販されている上棟式セットを使用しています。

御幣の元号を見ると「平成」となっていました。

大工さんに鉋(かんな)で削っていただき、「令和」に訂正させていただきました。

もう少し、早く気が付いていなければいけないと反省しました。

 

上棟式前に少し雨が降りましたが、式が始まる前にはすっかりと雨は上がり良いお天気になりました。

建物のお清めも終わり、お施主様に用意していただいたお料理とお飲み物で直会(なおらい)を行いました。

工事関係者とお施主様とよりよい関係が築けるように行う歓談の場です。

たくさんのおもてなしをいただき、楽しい時間が過ぎました。

Y様、本当にありがとうございました。

工事完成まで気を引き締めて行くと同時に、素晴らしい『涼温な家』をお引渡しできるように関係者一同尽力していきます。

Y様邸建築中の様子はこちら

 

この日の夕方、帰宅途中にすごいハプニングがありました。

少し霧雨が降ってきたのですが、東の空を見たら私が人生の中で見た中で、一番最高の虹がくっきりと根元から反対の根元まで見えました。

さらに驚くことに二重になっている虹でした。

感動を通り越す素晴らしさでした。

 

この虹を見たときに、神様も今日の上棟式のお祝いをしていただいたのかな?と思い、すごく嬉しい気持ちになりました。

営業・設計グループ 中薗

記事一覧

1ページ (全49ページ中)

ページトップへ