スタッフブログ

台風が去ったあとのこと

名田 自己紹介へ
2015/07/29(水) リフォームのこと

いつも、心配になっているのが、この台風シーズンです。

なぜだとお思いですか・・・ それは通常、雨の降り方では漏らなかったところが、

この台風の雨風によって雨漏りが起こる事です。

現在、雨漏りがするので調査に来てほしいお客様は4件あります。

雨漏りほど見つけにくいものはありません。天井が漏っていても、果たしてその位置の真上

から、漏っているとは限りません。風向きによっても、壁から浸入する例もあり、

さがしだすのにひと苦労です。

以前、あるお宅の脱衣室の窓の上から雨漏りが起こった例をご紹介しましょう。

ある業者が、そのお宅の雨漏りを調査をして、水かけ調査も行いましたが、原因はわかりませんでした。

その後、美和工務店に雨漏りの調査依頼が入り、調査を進めました。

調査中、思わぬところから浸入する雨水の経路を発見。自分の目を疑いました。

それは、屋根の先端部に破風と呼ばれる板状の化粧材が取りついています。

その破風板の裏側に横一本みぞが加工されていて、そのみぞが、雨水を壁中に導く

役目をしていたことにきずきました。

その周りに水をかけるとすぐに窓上から雨漏りが起こりだしたのです。

雨漏りの原因が分かったことでお客様は大喜び。

これ以上、家がいたまないと、ひと安心されました。

見る目の観点を変えることで、雨漏りの原因がわかる事もあるので、これからもそう言う目で

調査を続け、修理をしていきたいと思いました。

 

施工グループ:名田

記事一覧|2015年7月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ