スタッフブログ

ブロック塀の改修工事

2021/09/07(火) リフォームのこと

コンクリートブロックは、年数が経つほど風化現象が進み、ブロック本来の強度が無くなってきます。

ブロックの目地には、規定範囲で鉄筋が埋め込まれていますが、ブロックが風化すると、セメントと砂を混ぜて成形されたブロックが、外部からの水の浸入を防ぎきれなくなり、内部に水が浸入して、鉄筋を錆させます。

錆の膨張により、ブロック内部から爆裂現象が起き、ひび割れが生じ、最後には崩壊してしまいます。

 

雨の浸入を防ぐ為には、表面の塗装が有効ですが、時期を超えてしまったものについては、ブロックの積替えが必要になると考えます。

今回の写真は、積替えを余儀なくされた一例です。

 

 

こうならない為にも、早めの点検を工務店さんにお願いするとよいでしょう。

町のお医者さん 美和工務店にぜひ、診断させてください。

リフォームと【お問合せ】はこちら

施工グループ 名田

記事一覧

1ページ (全68ページ中)

ページトップへ