家族旅行

2024/05/14(火) 日々のこと

この連休、近藤家全員集合12名で長崎をひと回りしてきました。

12名揃っての旅行は久しぶりです。

先ずは大村空港からレンタルカーで波佐見焼きへ行き、55日は焼き物祭りが最終日と合って凄い人だかりでした。

お値段もピンキリで百円から数十万円する物有りで、思った程私は心が動きませんでした。

しかしながら、ちょっとした小物に心が奪われルンルン気分で壊さないように大事に持ち帰って来ました。

早目に波佐見焼を引き揚げ、次の目的地雲仙へ向かいます。

車の移動中は雨が降っていても、車を降りると雨が止む!!と言った具合で、私は晴れ女と称することあって傘は必要無しでした。

 

さすがに、翌朝の口之津でのイルカウォッチングは雨風が強くて断念せざるを得ませんでした。

その代わり長崎市内の観光がゆっくり出来、娘が食べたい食べたいと言っていた吉宗の茶わん蒸しも頂くことが出来、腹いっぱいでした。

 

平和記念館へ行ったら、修学旅行生や外人さんがたくさんでガイドさんの説明に聞き入って居られました。

原爆投下から78年経つとアメリカの人も興味本位だけでなく、心からお祈りを捧げて真剣な面持ちで写真に食い入って居られるのを見ると、投下された長崎市民に取って少しは慰めに成る事でしょう。

私も市内小川町で住んでおり、その日は祖母の家(式見)に行っていて難を逃れた一人です。

小川町と言えば爆心地から3.4㎞しか離れておらず、今の自分はこの世にいない筈です。

こんな話は、今迄主人にも話したことは無いし、娘達にも言って聞かせる事もありませんでした。

 

これでバーバが生まれ育った街を孫たちと一緒に旅する事も無いと言う思い出、誘った旅でした。

管理グループ 近藤

1ページ (全80ページ中)