スタッフブログ

笑いと健康

2月4日、日経新聞に”「笑わない」体調不良1.5倍”という記事が載っていました。

 

普段ほとんど笑わないお年寄りが「自身の健康状態が良くない」と感じる割合は、毎日よく笑うお年寄りに比べて1.5倍以上、高いことが東京大や千葉大などの研究グループの調査で分かった。

と書かれています。

今回の調査に当たった東大大学院の近藤尚己准教授(公衆衛生学)は、

「研究結果は『良く笑う人ほど健康である』という可能性を示している。メカニズムは、今後さらに詳細に調べる必要があるが、お年寄りの健康のために日ごろから、よく笑うことを心がげてほしい」

と呼びかけている。

この記事を読んで、なるほどと思いました。

自分の家で家族と一緒に居るとき、笑い声の生まれる家は、暑さ寒さをじっと我慢する家と、一年中さわやかな空気の流れる『涼温な家』を比較したら、どちらが笑い声が生まれる家でしょうか?

もちろん後者です。

この研究結果から見ても、我々の造る『涼温な家』は健康をつくり出す家だと思います。

昔から言われていますように”笑う門には福来たる”です。

美和の造る『涼温な家』に住んでいただき、ご家族皆さんが健康を手に入れて頂きたいと思います。

近藤 正隆

記事一覧

1ページ (全58ページ中)

ページトップへ