夏は涼しく、冬は温かい快適な住まいを実現する上で
断熱はとても重要です。

しっかりと断熱された住宅は、外気が建物内に侵入するのを防ぐため
少しの冷暖房エネルギーで、快適な室内温度に保つことができます。
また、外気の影響を受けにくく暖房で暖めた空気が心地よく対流し
室内の温度が均一になり、快適な室温が保たれます。
それにより、部屋ごとの温度差が少なくなり、「温度のバリアフリー」が実現します。
断熱性能を高めた住まいほど、省エネかつ健康で快適な暮らしが可能です。

ですが、断熱性能を高めても、隙間があってはなんにもならず
十分な断熱効果を得ることができません。
断熱と気密は一体なのです。

完全外断熱2層貼

断熱材は、屋根・壁共に2層の施工をしています。
まずは、1層目の断熱材を隙間なく貼っていきます。
次に、1層目の断熱材の継ぎ目の隙間を埋めるように気密テープを貼っていきます。
さらに、気密性を高め気密性能を経年維持できるよう、気密テープを抑えるように2層目の断熱材を貼ります。
快適な暮らしのために、このひと手間を惜しみません。

 

気密測定2回

快適さを得るためには「高気密」に造る、つまり隙間を出来るだけ少なくすることが、絶対条件です。
断熱性能は計算で確認できますが、気密の程度は測定なしにはわかりません。
美和工務店では、断熱材施工後に1回、竣工時に1回、お引渡しまでに計2回の気密測定を行い、気密性能0.3㎠/㎥以下になっているか、全棟確認しております。

ページトップへ